【札幌01】帯広競馬場の馬のように筋骨隆々な男になりたい!

みなさんこんにちは。

ここにきてだいぶ寒くなりましたけどいかがお過ごしでしょうか?

番長は寒いのが大嫌いです。

こんな時は南の島に行って全裸で過ごしたいなー。w

そんなことを思いながら過ごしています。w

あ、もちろん、南の島にいったら夜遊びも必須ですけどね。w

さて、寒くなる前に札幌に夜遊びに行こう!ということで、10月に札幌に行ってきましたのでご報告します。
(前回のブログでは、沖縄って書きましたが札幌あるのを忘れてました。w沖縄は次回書きます。)

寒くなる前に北海道に夜遊びに行こう!

ってことで、10月某日、ちょうど今が北海道の紅葉の見ごろだというので、寒くなる前に北海道に夜遊びしにいかなくちゃ。w

ということで、北海道の旅行を計画。

今回の旅行の行程としては、こんな感じです。

1日目
帯広入り。大雪山系の紅葉を見ながら然別湖へ。
その後は帯広競馬を観戦。
帯広競馬で儲かったら帯広のホテルでデリバリーして夜遊び。
宿泊:帯広

2日目
帯広から襟裳岬まで車で移動。
襟裳岬を通って札幌入り。
夜はもちろん札幌で夜遊び♥

3日目
支笏湖観光をして新千歳空港から中部空港へ。
帰宅

といった行程です。

いざ北海道へ!

さて、1日目の今日は朝5時起きです。

札幌ならそこまで早く起きなくてもいいんですが、何せ帯広に行く予定なんです。

そうです。帯広便は名古屋からありません。

それなので、羽田まで行かなければなりません。w

まぁ、札幌から車で帯広まで行くのもありなんですが、夜遊びする体力を残しておかないといけませんからね。w

ってことで、羽田から帯広に入ることにしました。

そのため、新幹線で品川まで向かいます。

そして、京急に乗り換えて羽田空港へ。

ってことで、羽田空港到着!

今回はJAL便なので第1ターミナルです。

ちょうど朝の離陸便のピーク便ということもあり、ターミナル内はとても混んでました。

まぁ、大型連休と違って旅に慣れてない人がそこまで多くなかったので、保安検査場はそこそこ列をなしておりましたが、スムーズに通過。

搭乗口で搭乗時間を待ちます。

CA:「日本航空575便 帯広行きにご搭乗のお客様。ただ今全てのお客様の搭乗ご案内中です。」

ということで、飛行機に乗り込みます。

飛行機内はそこそこ混んでました。

まぁ、帯広行きの便ですので、札幌便と違って機材は小さいですからね。

あ、肝心なCAはというと、ちょっと年上の方が多かったかな。w

もっと、若くてかわいい子雇ってくださいよ、日本航空さん。

これ以上言うとセクハラになると思うので話を戻します。

約1時間30分後、定刻通りに帯広空港に着陸。

帯広空港では、ばんえい競馬の馬がお出迎えしてくれました。w

ばんえい競馬の馬はほかの競馬場で走っている馬と違って家畜としての馬です。

畑を耕したりする馬なので足がサラブレッドと違って太い!!

筋骨隆々の馬ですね。

ってことは、ムスコさんも太いのかな?w

こんなガタイのいい馬のようになりたい番長です。w

最初の目的地は然別湖!

さて、帯広空港に到着したら、まずはレンタカーを借ります。

相変わらず北海道の道は走りやすい!!

特に帯広とか道央地方はやばいですね。

知らないうちにスピード出てしまいますよ。w

で、地図では近かったのに然別湖まで1時間半かかりました。w

北海道の縮尺は本州の地図に見慣れてる人間にとっては感覚が違いますからね。

近そうで遠いのが北海道。

北海道のあるあるです。w

で、然別湖の湖畔にある無料駐車場に車を停めて然別湖へ!

ボートがありましたが、乗ってる人はいませんでした。

ってか、寒い!!

こんな寒かったらボートも乗りたくないよ。

帯広市内ではそんなに寒くなかったのに然別湖では気温一桁くらいでした。w

まぁ、山の中にある湖ですからね。

ってことで、周りの紅葉もだいぶ色づいてました。

ちなみに、この然別湖は火山の溶岩によって川がせき止められてできた湖のようです。

近くに「然別湖ネイチャーセンター」があったので入ろうかと思いましたが、入り口が入りづらい。w

そして中に観光客もいる気配がなく、とても寒いこともあり早々に切り上げて車の中へ。

今来た道を帰ります。

向かうは帯広競馬場!

帯広競馬場の雰囲気はいいよね!

ってことで、帯広競馬場に到着。

ただ、また同じ道を戻り、帯広競馬場に着いた時には、もう夕方になってしまいました。

いやー、帯広競馬場の雰囲気いいですよね。

なんて言ったって人がいない!!w

まぁ、レースが終わったってとこみたいだけど。

で、次のレースまで20分ほどあったので馬券を購入して、腹が減っては戦ができぬということで腹ごしらえです。w

山菜うどん!!

おばちゃんに、「山菜おまけで少し多く入れといたからね」とサービスしてもらいました。w

いやー。それにしても雰囲気いいですね。

この帯広競馬場の雰囲気は上手く言葉で表せれないけど、昭和のパリーグの野球場って感じで味がある!!

ガラガラの球場でカップルがいちゃいちゃしていたり、川崎球場の流しそうめんとか、できそうな感じ。w

で、食べ終わったらちょうど発送間近だったので、外に出て競馬観戦。

観客席に人も集まってきましたよ!?

といってもこれだけですが…。w

本当に最高の雰囲気じゃないですか!

今度戻ったら、笠松競馬とか名古屋競馬とかにも行ってみようかな。w

今まで地方競馬では大井と川崎したこと行ったことしかないから、そこそこ綺麗だったからね。w

ってことでレーススタート!!

帯広競馬場は、運動場のようにトラックを走るのではなく、約200mの直線コースに2つほど山があり、その山をソリに載った騎手とともに超えてゴールを目指すというレースです。

スタート開始の山は小さな山で、ゴール前にある山は少し高い山になってます。

そのため、高い山を超える前に、馬と騎手が呼吸を合わせて登るため、少し休憩をしたりするので、いつも中央競馬ばかり見ている番長にとっては、ちょっと間が抜けてしまいそうなレースです。

で、3レースほど見ましたが、完敗。w

まぁ、馬の名前聞いても騎手の名前を聞いても全く能力がわかりませんからね。w

あー。

せっかく帯広の若くてかわいい女の子とイチャイチャできたと思ったのに…。

まぁ、明日の札幌まで我慢ですね。w

今回の旅行の一番の目的は札幌すすきのですからね。w

ってことで、帯広市内に戻り帯広駅の中にある豚丼屋で一人反省会。

おいしかったですよー!

お店の中も結構混んでましたしね。

ってことで、食べ終わったら今夜のホテルアパホテル<帯広駅前>に戻ります。

よし!!明日はすすきので夜遊びするぞ!!

そう思って就寝したのでした。

<次回へつづく>

フォローお願いします!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です