【ジャカルタ07】ジャカルタマリオットのスパはスペシャルなマッサージがあるわけないよね。w

<前回のつづき>

さて、JW マリオット ホテル ジャカルタに宿泊した番長。

ラウンジで朝食を食べ、ホテル内を探検した後は、番長大好きスパタイム!

果たして、スペシャルサービスはあるのかな?

女の子とご対面!

さて、まりりん氏と一緒にスパにやってきた番長。

受付で確認をして奥にある脱衣所へ。

いやらしい感じの服装に着替えてプレイルーム(?)へ行きます。

もちろんまりりん氏とは違う部屋なので、途中でバイバイです。

で、部屋の中に入る番長。

こんな感じでした。

なんかいやらしいね。w

まぁ、普通のマッサージなんだけどね。w

上の写真の手前のてーぶりには、こんなものが置いてありました。

これは単なる置物なのかな?

中に液体があるけど、これがオイルなのかな?

そんなことを思っていると、トントンと扉をたたく音がします。

番長:「はーい!」

さぁ、どんな子がくるのかなー!

と思ったけど、なかなか女の子が入ってこない。(てか、そもそも女の“子”なのかもわからないけどw)

経つこと数分、またトントンと扉をたたく音がして女の子が入ってきました。

20代後半でスタイルがいい感じの女の子です。

顔もかわいいよ。w

女の子:「今日はよろしくお願いします。では、先にシャワーを浴びて、このパンツを履いて待っていてください。」

番長:「はーい!」

そういって番長が大好きな紙パンツを渡してきます。w

池袋のメンズエステ「エレガンス」のトランクス型とは違い、ブリーフ型のパンツです。

eromachi.net

で、女の子が一旦部屋を出て番長はシャワーを浴びます。

シャワーを浴び終えて紙パンツを履きベッドで座っていると女の子のマッサージスタートです!!

女の子:「じゃあうつ伏せに寝てね。♥」

番長:「はーい!!」

・・・・・・

で、時間が来てマッサージが来て終了。w

もちろん、スペシャルなマッサージはありませんでした。w

途中、一部事故はありましたけど。

事故といっても池袋のエレガンスのような確信的事故ではなくて、偶発的な事故です。w

で、シャワーを浴びて部屋を出て脱衣室で着替えると、大浴場でまりりん氏がのんびりしてました。w

まりりん氏:「番長さんお疲れ様です。マッサージどうでした?」

番長:「気持ちよかったですよ。まりりんさんはどうですか?」

まりりん氏:「気持ちよかったですよー。でもスペシャルマッサージがなかったのが残念でしたね。あー。腹減りましたよ。さっさと昼食食べてエロマッサの方に行きましょうよ。デヘへ。w」

相変わらずエロイことばかり考えているまりりん氏です。

で、まりりん氏と部屋に戻りのんびりしてると、本日合流する矢野くんからグループLINEに「ホテルに着いた」とメッセージがありました。

とそのメッセージの後すぐに瀬戸くんからも着いたと連絡があったのでまりりん氏に迎えに行ってもらいます。

エロメン合流。昼食で夜遊び作戦会議。w

数分後、まりりん氏が矢野くんと瀬戸くんを引き連れて部屋にやってきました。

矢野くんは、前日にシンガポールに着き、朝イチの便でジャカルタにやってきました。

まりりん氏から1001が良いという噂を聞きつけ急遽合流することになりました。w

急遽LCCで駆け付けたわけですが、そこまで高くなく来れたようです。

矢野くんとは、昨年のパタヤぶりのご対面。

これで、今回の旅行のエロメン全員そろい踏みです!w

まりりん氏:「じゃあ、みんな揃いましたので昼飯いきましょう!」

ってことで、今回も瀬戸くんにおすすめの店をピックアップしてもらってホテルの前に停まっているタクシーに乗り込みます。

で、やってきたのはこちら!

英語が苦手な番長は何て書いてあるかわかりませんでしたが、「Seribu Rasa(スリブサラ)」って書いてあるみたい。w

で、番長らご一行は、こちらで本日の夜の夜遊びについてインドネシア料理を嗜みながら打ち合わせです。w

料理が旨いとビールが進む。ビールが進むとエロ話が進むってことで、我々は終始今夜の夜遊びについて自由闊達な意見交換です。w

いやー、うちの会社でもこのくらい自由闊達な意見交換ができればいいんだけど。w

ってことで、結論としては、本日もこの後電車に乗って1001に向かい、その後、昨日まりりん氏と瀬戸くんが行ったホテルクラシックへという話になりました。

シンガポールからやってきた矢野くんは、今すぐにでも行きたい様子。w

ってことで、さっさと昼食を食べて最寄り駅までタクシーで向かうことにしましょう。w

瀬戸くん:「もうすぐタクシーが着くみたいなのでそろそろ行きましょう!」

矢野くん:「行きましょう!行きましょう!早く行きましょう!w」

ってことで、我々エロメンでタクシーに乗り込んでホテルに向かいます!w

<次回へつづく>

フォローお願いします!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です