【マカオ14】深センで夜遊び!

<前回のつづき>

さて、深センの福田駅から地下鉄を乗り換えて「ローウーホテル」にやってきた番長一行。

高まる鼓動を抑えて、ホテルの中に入ります。

おそらくこのホテルは、深センの中ではそこそこのレベルのホテルだと思いますが、日本のホテルのレベルには到底及びませんね。

エレベータに乗って6階のマッサージセンターへ

このホテルの1階には、日本料理店が入っており、日本人宿泊者も多いのでしょうか…。

近くの建物にも寿司屋などがあります。

そして、このホテルのエレベーターにも日本語表記が書いてあります。

さて、番長一行は、「マッサージセンター」のある6階を目指します!!

夜遊びするためにエレベーターに乗る時は、相変わらずちょっと恥ずかしい番長です。

海外でも日本でもエレベーターに一緒に女の子とか乗ってくると、「あー、こいつヌキに行くんだ…。」って思われるようで恥ずかしいんです。w

で、6階で降りる番長一行。

受付嬢:「いらっしゃいませー。予約してますか?」

まりりん氏:「はい予約番号はこちらです。」

といって携帯を見せるまりりん氏。

さすが、海外の夜遊びに慣れているまりりん氏、スマートです。w

受付を済ませた後、番長たちは、更衣室に連れて行かれます。

と言ってもマカオのサウナの更衣室みたいに広いわけではなく、高校のプールの更衣室みたいに狭く汚い感じ。w

隣にあるシャワールームも高校のプールみたいに汚い感じです。

プレイルームで女の子たちを吟味

さて、シャワールームを出た後は、部屋着に着替えて一同プレイルームに案内されます。

どうやら、ここに女の子がやってきて、一人ずつ選んでいくというシステムらしいです。

ってことで、一人目登場!

みんなスルー。

二人目登場!

おっ、かわいいかも…。

番長:「この子にしようかな…。どうしようかなぁ…。」

まりりん氏:「女の子選びは直感ですよ。」

ってことで、これから行う本能的な行為のために番長の動物的なオスの直感を信じて、この子に決めました!!w

それなので、その子と手を繋いで隣の部屋に移動する番長。

まりりん氏やT君が選んだ女の子を見れなかったのが残念!!

さて、部屋に入った番長。

女の子とコミュニケーションをとるべく英語で話しかけてみるも、全く通じない。w

「How old are you?」もわからないレベルです。w

番長の発音が悪かったのかなぁ…。

まぁ、ここは、中国ですからね。マカオとは違いますね。w

番長の大学で習った中国語を駆使して会話を試みるも、もう中国語、ほとんど忘れています。w

わかったことは、天津出身の24歳ということくらいかな。w

けっこう年齢が高いね。

マッサージ開始!

とりあえず、ベッドに横になる番長。

女の子が普通のマッサージをしてくれます。w

普通に気持ちいいです。w

肩・背中・腰とマッサージが終わると、手を止める女の子。

女の子:「ちょっと待ってて。」

そんな感じの事を言って、部屋をでる女の子。

え、何??

公安に通報される??

そんな事を思って待ってましたが、何やら道具を持ってきた女の子です。

おっ、氷があるぞー!!

さて、そんな事を思っていたら、女の子がジェスチャーでうつ伏せになれと言うので、うつ伏せになる番長。

すると女の子が番長の背中を女の子がペロペロ。

仰向けになって、乳首をペロペロ。

ムスコさんもペロペロ。w

次に、女の子が氷を口に含んでアイス&ファイヤー!!

ムスコさんを攻めてもらい、次に乳首も。w

最高っす!!

その後は、ムスコさんをペロペロしたり、手でシコシコしたり…。w

フィニッシュは、女の子のお口の中。w

気持ちよかったっす!!w

その後は、シャワーを浴びて、休憩室でまったり。

なんか、韓国人カップルが健全なマッサージ店と勘違いして入り込んだみたい。w

韓国人カップルが中国語がわからないらしく店員氏が困ってました。w

マッサージの後は深センの街をブラブラ

で、我々はお店を後にして、深センの街をブラブラ。

どこに行っても人が多い!!

そして、若い人が多い!!

さすが中国!!そして大丈夫か日本!?

思ったよりも、みんな服装しっかりしてた。w

日本人とあんまり変わらないかな。

マカオのカジノで田舎から出てきました的な格好している人とかは、深センにはいませんでした。w

途中、建物内にあるフードコートにも寄りました。

めちゃ混み。w

すごいぞ中国!!

元気がありますね。

ただ、途中、ユニクロとMUJI to GO(無印良品)を足して割ったようなロゴのお店があったり、

クラクション鳴らしてはいけない場所で何度もクラクション鳴らしている車があったり…。

そーゆうところは中国だなぁって思いました。w

そして、その後は、まりりん氏と鉄板焼き屋に行き、深センで宿泊。

翌朝まりりん氏と香港で別れ、番長は日本へ帰国しました。

<おしまい>

<番外編 成功旅行社のクーポンの料金を調査!!へ>

フォローお願いします!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です