【川崎03】川崎の街でかわいいJK追いかける

<前回のつづき>

さて、川崎南町のお風呂屋さんの受付で、予約を済ませ、予約票を握りしめてお店から出てきた番長。

さぁ、これからどうしよう…。

取りあえず、川崎の街を散歩でもしよう。

川崎の街で時間つぶし

って来たのが南町のすぐ北側にあるラチッタデッラ(LA CITTADELLA)へ。

ここは、川崎らしからぬ(?)オシャレな商業施設です。w

自称「川崎にあるイタリアのヒルタウン」だそうです。

さすがは、川崎。

人は確かに多いですが、カップルはそこまで多くありません。w

まぁ、カップル共は電車に乗って、東京でも横浜でも行くのでしょう…。

まぁ、番長はここで特にやることはありません。w

ってことで、川崎駅の向こう側にあるラゾーナへ。

番長的にはこのなんとも読みづらい商業施設よりもラゾーナの方が落ち着きます。

だって、かわいいJKがいたんだもん!!w

はい。かわいいJKを追いかける番長です。

途中、JKがエスカレーターに乗りましたが、見えそうで見えない!!w

このチラリズムが番長のムスコさんを熱くします。w

残念ながらPチラはありませんでした。

そして、川崎駅前の地下街で昼食をとります。

「てんや」に行きました。

これから、女の子とズッコンバッコンやるとスタミナ使うからね。w

しっかり体力つけておかないと…。w

で、食べようと思ってもこれから女の子とズッコンバッコンできると思うと緊張して食べられない番長。

結局残してしまった…。

もったいない…。

時間になったのでお店へ戻る

さぁ、時間になったので、そろそろ風呂屋に戻るとします!!

が、その前にトイレ。w

戦の前に出すものは出さないとね。w

その後は、コンビニに寄って、ガムを購入。

もちろん、この後女の子とチューをするわけですから、紳士としてのマナーです。w

で、デイリーヤマザキの手前を右に曲がって、到着!!

本日の夜遊び会場、「クリスタル京都」に到着!!

店員氏:「いらっしゃいませー!」

番長は店員氏にお出かけする前にもらった受付票を見せます。

店員氏:「では、この番号札を持って、こちらでお待ちください!」


と、こちらの番号札をもらって、受付向かって右側奥の待合室に案内されました。

この番号札には禁止事項の一番上に「1.本番行為」って書かれてます。

これが目的じゃなくて、この店に来ている人はいるのでしょうか?w

店側としては、あくまで女の子とお客さんの出会いの場と浴室を提供していて、その先のことは、個人と個人の話だから店が関与していないというスタンスなんでしょう。

確か、以前読んだ本にもそのようなこと書かれてました。

待合室で待機。どんなJKが出てくるかな♪

ここの待合室は広くて綺麗!!

席は20席ほどあり、たくさんの同志が待つことができます。

この日は4人の同志が待ってました。

そして、前には大きなテレビが2台。

1台は、普通のテレビ番組が上映されており、もう1台で店の女の子のこのページのような紹介動画がローテーションで流れています。

女の子の動画を見て、気合を高める番長です。w

左奥にはトイレがありました。

ちなみに、入口手前には番長が好きそうな雑誌がありました。

そして、部屋の壁には、オプション料金の写真や値段が書かれたポスターが至る所に貼られています。

待合室全体の内装も建物の外装とは大違い(?)でとてもきれいです。

待合室だけを見れば、番長が以前に行ったことのある「エデン」よりも点数が上です。

椅子の横にあるローテーブルの上には爪切りや女の子の写真やコメントが書かれたアルバムがあります。

残念ながらそのアルバムの女の子は、同じ子が何回も出てきて、写真が抜けていたりもしました。

もしかするとお客さんが持って帰ってしまったのでしょうか。

さて、番長は少し早めにお店に入ったので、少し時間がありました。

それなので、前の女の子の動画を見て、入口近くの雑誌を見て時間を潰しました。

その間にも同志が次々を呼ばれて行きます。

番長のムスコさんもその間にだんだんと元気になってきました。w

ちょうどいい時間になったところで…、

店員氏:「○×番の方!?」

待合室の左側のカーテンから店員氏が呼びます。

おっ、ついに番長の番号が呼ばれました。

番長:「はーい!」

待合室の左側のカーテンの方に行く番長です。

カーテンを越えると店員氏が遊び方について最終的な確認をします。

一通りの確認が終わると…、

店員氏:「では、カーテンの向こう側のエレベーターで女の子が待ってますので楽しんでください!」

さぁ、いよいよ夜遊びの開始です!!

うきうきの番長。わくわくの番長。

高鳴る胸の鼓動を抑えて、カーテンの方に進みます。

<次回へつづく>

フォローお願いします!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です