【札幌08】朝からすすきののヌキありエステ店へ!!

<前回のつづき>

さて、札幌最終日(といっても2日目)の今日は、朝から夜遊びしよう!!ってことで、前回のブログで書いた通り、ヌキありエステ店の「しろねこクリニック」に行き、もしもいっぱいだったら、「American Campus」行くことにしよう!ということに決まりました。

朝食を切り上げてホテルをチェックアウト!

そうなると、もう朝ごはんなんてどうでもいい!!w

体に入れるんじゃなくて、体から出したいんだ俺は!!w

ってことで、早々に朝食を切り上げて部屋にも戻り準備。

そして、10時前にチェックアウト。

さて、まだまだ朝早いけど夜遊びするぞー!!

そんな気分でフロントを後にしてお店に向かいます!

番長、このお店に向かう時間が好きなんです。

どんな子が対応してくれるのかなぁ。

あんなことやこんなことしたいなぁ。

そんな事を考えていたら楽しくなりませんか??

純粋に旅行とかも、行く前にあーでもないこーでもないとか考えたりするのが好きな番長です。

で、今回も頭の中でイメトレをしながらお店にいくのですが、「しろねこクリニック」が入っているビルが番長の泊まっているホテル、ホテルルートイン札幌中央の間の前にあるんです!!w

こんな感じ。

ね。すぐでしょ??w

だから、イメトレが途中のままビルの中に入りました。w

ちなみに、隣のビルには、「しろねこクリニック」が入れなかった時に行こうと思っているお店、「American Campus」があります。

ホテルの目の前にある夜遊びスポットへ!

さて、「しろねこクリニック」が入っている「サン・ドゥビル」に入ります。

すると、エレベーターホールには、このビルに入っている夜遊び店の看板がところ狭しと掲載されておりました。

なんか、案内所みたいに蛍光灯で光る形式になっていて、ちょっときわどい感じで女の子が写っているこの看板をみているだけでもあきません。

あ、昨日、山下氏が言ってた洞爺湖サミットの時におこった規制ってこの事かと実際に目で見てわかりました。w

詳細はこちらのブログでご確認ください。

本当は看板の写真撮りたかったんだけど、怖そうな人がいたので、やめました。w

さて、その看板の向こう側にエレベータが1台あります。

ちょうどいいところで、エレベータが来たので、先にエレベータに入った同志に続いて番長もエレベータの中へ。

えーと「しろねこクリニック」は9階だったなぁと思って、9階のボタンを押すと同志が既に押していました。w

まぁきっと、同じ階でも違う店にいくのだろう。そう思いながらエレベータで9階へ。

「チーン!」

エレベータが9階に着き、先にエレベータを降りる同志。

エレベータを降りた同志は、迷うことなく左に曲がり、お店の中に入っていったのでした。w

最初の目的のお店、「しろねこクリニック」に到着!

番長もエレベータを降り、どこに「しろねこクリニック」があるのかなぁって思ってキョロキョロしていたら、なんと先に同志が入った店でした。w

番長が店の扉を通ろうとすると同志が目の前で店員氏の説明を受けています。

そのため番長は店の外で一人待機。w

なんか数十秒の待機時間だけど、なんか恥ずかしいね。w

同志が説明を終えて、待合室の方に行ったのを見届けて番長もお店の中に入ります。

店員氏:「いらっしゃいませー!」

なかなか元気のいい店員です。w

店員氏:「ご予約のお客様ですか?」

番長:「いいえ違います。」

店員氏:「女の子のご指名ありますか?」

番長:「あっ、これでお願いします。」

そう言って番長が取り出したのは、ヘブンネットのイベントが書かれたページです。

このイベント情報によれば、フリー限定ですが、70分10,000円でヌキありエステが楽しめるんです!!

めっちゃお得じゃないですか?

普通、エステ店で東京とか名古屋とかだったら、ヘルシーなお店よりちょっと高く、風呂屋よりも安いという番長の位置づけ。

まぁ、値段で言ったら18,000円~20,000円程度くらいというのが番長の位置づけです。

昨日の風呂屋といいリーズナブルに夜遊びが楽しめる札幌の街、最高です!!w

あ、でも、山下氏みたいな女の子はやめてください。w

さて、イベントのページをみた店員氏。

パソコンとにらめっこします。

店員氏:「お客様すみません。フリーですと、1時間ほどお待ちいただき11:30~のご案内となります。」

おっ、いっぱいだったかぁ…。

どうしようかなぁ…。

飛行機の出発時間を逆算して、一番ギリギリで13時半にこの店を出れば間に合います。

11:30からと言っても実際に入るのは11:45だとして、そこから70分遊べば12:55。

ということで、全然飛行機まで間に合います。

あとは、自分でこの性欲を我慢できるかの問題です。w

番長:「そーですかぁ…。どうしようかなぁ…。」

そんな事を言っていると、向こうも番長を観光客で飛行機の時間を考えていると思ったのか、

店員氏:「もしよろしければ系列店の待ち時間確認しますよ?」

おっ、ってことは「American Campus」の待ち時間もわかるのかぁ…。

でもやっぱり、前回のブログに書いたあの動画を見てしまったら、もう「しろねこクリニック」しか行けませんね!w

ってことで、

番長:「やっぱり、待ちます。お願いします。」

店員氏:「ありがとうございます。当店は初めてですか?」

番長:「はい。初めてです。」

そこから店員氏がこの店のコンセプトやシステムについて説明をしてくれました。

待合室でメンバーズ登録&プレイの要望を記入

一通りの説明が終わると、アンケート用紙とメンバーズカード作成用の名前や電話番号を書く紙をわたされました。

アンケート用紙には、どんなオイルがいいのかとか、どんな接し方がいいのが、どーゆーシチュエーションで発射したいのかといった客の要望を書くようなシートでした。

とりあえず、これを待合室で書けということだったので、待合室へ。

先ほどエレベータが一緒だった同志がいました。

ちなみに待合室はこんな感じ。

そんなに広くはありません。

そして、メンバーズカード作成用の紙には電話番号はきちんとした携帯の番号を書き、名前は適当な名前を書きました。w

すると、数分後、同志が呼ばれていきました。

同志は予約していたのでしょうか?それともフリーだったのでしょうか?もしフリーだったら、数十秒の差で番長は1時間待ちになったということになります。

なんか悲しくなりそうなので、同志は予約だったと思いこみます。w

さて、まだまだあと1時間ありますので、テレビを見ながら、雑誌ラックにこの店の看板娘たちの写真集やこの店のシステムとか書かれたファイルがあるので、それを見ながら時間を潰そうと思います。w

フォローお願いします!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です