【沖縄04】辻の風呂屋に到着!泡姫とご対面!

<前回のつづき>

さて、沖縄の辻の風呂屋に行く前に波上宮に寄った番長。

中国人多すぎですが、彼らはこの近くに沖縄最大の夜遊びスポットがあることを知っているのでしょうか。

番長だったら、観光を早めに切り上げて夜遊び行くけどな。w

そんなことを思いながら中国人観光客を横目に番長は辻の街へ消えて行きました。

風呂屋「小梅クラブ」に到着!!

さて、波上宮から歩くこと数分。

店の前に到着しました。今回、夜遊びする風呂屋は「小梅クラブ」です。

上のgoogleストリートビューの写真を見ていただくと、「GRAND OPEN」の看板がありますが、ここ最近新たにできたお店なのでしょうか。

ちなみに、店の前に客引きが立っていてわかりやすかったけど…、客引きがいる店って大丈夫かなぁ…。w

ちなみに、店の前には客とおぼしき車が数台停まっていました。

きっと客引きの店員氏はその車を見ていることも兼ねているのでしょう。

店員氏:「お客様いらっしゃいませ。ご予約はされてますか?」

番長:「はい。○時○分に予約しました夜遊び番長です。」

店員氏:「あっ、番長様ですね」

お待ちしておりました感満載な感じでした。きっと、予約の電話を受けたのもこの店員氏でしょう。

店員氏:「おまちしておりました。では、こちらで靴を脱いでいただいて、待合室の方へどうぞ。」

ってことで、番長お店の入口で靴を脱いで店内に入ります。

お店の入口で靴を脱ぐというシステムすごい久しぶりだわ。w

で、つきあたりの待合室に入って座っていると、店員氏がやってきて、ひざまずいて女の子とコースの確認です。

で、約3分後。

店員氏:「お客様お待たせいたしました。準備がととのいましtのでこちらへどうぞ。」

店員氏に促されて待合室を出ます。

カーテンの向こうで泡姫とご対面!!

カーテンの向こうで待っている泡姫。

どんな子だろうな。かわいい子だったらいいんだけどな…。

そんなことを思いながらのご対面!!

かわいいじゃん!!

泡姫:「こんにちは。よろしくお願いします。」

番長:「こんにちは。よろしく。」

ってことで、仲良く部屋に向か…って、ここが部屋?

泡姫とご対面したところから90度右に回転して3歩ほど歩いたところにあるプレイルーム。w

それなので、残念ながら泡姫とラブラブしながらプレイルームに入ることはできませんでした。w

で、二人でプレイルームに入ります。

番長:「かわいいね!」

泡姫:「そう??ありがと♥」

番長:「沖縄の人?」

泡姫:「違うー。九州だよ。」

なんか、話を聞くと、九州のとある街出身で、同じ名前の福岡の風呂屋に勤務している女の子で時々沖縄のお店に来るんだとか。

ちなみに、他にも時々デリバリーのお店にも勤務したりする総合商社らしいです。w

きっと福岡でギャル男みたいなホストに狂ったようにハマってるんだろうね。w

ってことで、セルフで服を着替えて、シャワータイム。

女の子が番長の体を洗ってくれます。

で、一通り洗ったあとは、番長はお風呂へ。

その間に女の子が自分の体を洗います。

のんびりしていると…。

泡姫:「じゃあ、そろそろはじめよっか。」

え!?風呂に一緒に入ってイチャイチャしたり潜望鏡したりとかはなしですか?

まぁ、この後、かわいい子とズッコンバッコンできると思えば別にいいや。w

泡姫:「ベッドでいい??」

番長:「番長、マットが好きだからマットでもいい?」

泡姫:「いいけど。そんなに時間ないよ?」

番長:「わかった。こんなかわいい子とズッコンバッコンできれば、ムスコさんすぐに発射しちゃうと思うから大丈夫だよ。w」

そう言って泡姫に準備させます。

泡姫:「わかったーw じゃあ、もう少し風呂の中に入ってて。」

ってことで、風呂の中に入り、マットの準備をする泡姫を観察。

ローションを研ぐ姿とか、研いだ後マットに浴びせて伸ばす姿とかいいよね。w

マットの準備をする泡姫はなんとも健気な感じがします。

まぁ、きっと裏の顔は違うと思うけどね。w

泡姫:「準備できたから、気を付けてこっち来てー!」

これからマットプレイの始まりです!!

<次回へつづく>

フォローお願いします!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です