【札幌04】すすきのの客引きは絶対についていってはいけません!w

<前回のつづき>

さて、今回行く風呂屋、「フェリス 逢いたくて」を予約した番長。

すすきののゲートウェイ「ラフィラ」の裏にあるお店なので、ラフィラの裏口からお店に向かう番長です。

予約の際に女性店員氏からは、客引きには気を付けてと言われた番長。

早速、ラフィラからお店に向かうことにします!

客引きしつこいんですけど…。

ということで、ラフィラの裏口からお店のある建物に向かうことにします。

といっても、こちらの画像をみていただくとわかる通り、距離にして10mもない感じです。

時間としては、5秒くらいでしょうか…。

(前のものを使用してるので、「ラ・メイド」となってますが、今回夜遊びするお店も同じビルにあります。)

で、番長、ラフィラの裏口を出ます。

そして、早歩きで今回夜遊びする風呂屋のビルの中に向かいます。

すると横目で30m先に客引きらしい男をハケーン!!

番長に気づくと、その男、急いで番長のところに走ってきます。w

番長、追いつかれないようにさらに早歩きになります。w

この間、ものの5秒の行為なんですけどね。w

で、客引きが番長に近づいてきます。

客引き:「おニイさーん!先ほど電話されたお兄さんですよねー!?」

番長:「・・・(無視)」

客引き:「先ほど、電話された女の子が急遽早退になってしまいまして、新しいお店をご紹介します!」

番長:「・・・(無視)」

番長、無視をして建物の中に入ります。

建物の中に入ったらさすがにもう、ついてこないだろうと思ったら、その客引き、エレベータを待ってる番長に対して建物の外からまだまだ案内してきやがります。w

すごい神経だなぁ…。w

これだけの根性があったら、まっとうな仕事していてもある意味役立つとおもうんだけど。w

前にこのビルに夜遊びに来た時も客引きがひどかったですからね。w

【札幌05】すすきののメイドコスプレ風呂屋「ラ・メイド」で夜遊び!

ってことで、エレベータが来たのでエレベータに乗って6階に向かいます。

客引きさんさよーならー!w

チーン♪

番長を乗せたエレベータが6階で扉があきました。

で、お店の扉の方に向かう番長。

予約した女の子かわいいのかなー。w

期待に胸とムスコさんを膨らまして入店です!w

「客引きしつこくありませんでした??」

ということで、扉を開けて入店!

店員氏:「いらっしゃいませ!」

おっ、先ほど電話したときに出た女性店員氏と同じ声が聞こえてきます。

と、いってもおばちゃんみたいな声なんで全然興奮しませんけどね。w

で、声のする受付にいったら、こんな声だったらこんな人なんだろうなって感じの恰幅の良いおばちゃんが座ってました。w

番長:「すみません。先ほど電話で予約した番長なんですけど。」

店員氏:「あぁ、番長さんね。ありがとうございます。●●ちゃんにご指名で70分のコースでよろしいですか?」

番長:「はい。大丈夫です。」

店員氏:「ありがとうございます。では、先に16,000円頂戴しますね。」

あれ、クーポンには入会金は別にかかるって書いてあったんだけど、よかったのかな…。w

まぁ、言われなかったので良しとしましょう。w

ということで、少しお得に料金の支払いをした番長です。w

店員氏:「客引き大丈夫でした?」

番長:「はい。1人いましたけど、無視してきました。」

店員氏:「よかったです。すごくしつこくありませんでした?」

番長:「はい。札幌の客引きしつこいですね。エレベータ待ってる時も話しかけてきてましたよ。」

店員氏:「そうですか。w 電話で毎回客引きに注意してくださいって言ってるんですが、それでもついて行ってしまうお客さんいるんですよねー。w」

店員氏のおばちゃん。話しやすい感じの方なので、客引き談義に花が咲きます。w

電話越しでは、番長が予約した女の子は、今日だったら大丈夫って言ってたので、ちょっとヤバイ店なのかなって思いましたが、このおばちゃんが番頭さんだったら、きっと悪い店ではないでしょう。w

店員氏:「あ、すみません。では、奥が待合室になりますので、そちらでお待ちください。」

番長:「はい。わかりました。」

ということで、奥の待合室に入ります。

いよいよ女の子とご対面です!

奥の待合室に入ってみると、同志は1人もいませんでした。w

やっぱりこの店心配になってきたぞー。w

パネマジがやばかったらどうしよー。

樽が出てきたらどうしよう…。

そんな不安が番長の頭を駆け巡ります。

もう一度、ホームページを開いて今回予約した女の子の写真を見たり、日記を見たりしてイメージトレーニングです。w

やっぱり、番長が予約した女の子、この角度の写真も、こっちの角度の写真も顔立ちは悪くなさそうだよなー。w

そんなことを思っていると…。

店員氏:「お客様お待たせしました。」

あれ?さっきのおばちゃんとは違っておじさんの店員氏がやってきました。

で、店員氏の呼ばれるほうに番長が行き、最終確認です。

相変わらずテキトーに同意して見せる番長です。w

店員氏:「では、女の子があちらにおりますので。」

いよいよ番長が予約した女の子とご対面です!!

<次回へつづく>

フォローお願いします!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です