【札幌06】騎乗位苦手なキレイ系女子を正常位で突く快感。w

<前回のつづき>

さて、札幌すすきのにある風呂屋、「フェリス 逢いたくて」にやってきた番長。

番長が好きなセクシーな女優、「 咲野の花 」ちゃん似の女の子とご対面。

 咲野の花ちゃん

で、番長の体を洗ってもらって、風呂に入って野の花ちゃんを眺めます。

これから、野の花ちゃんにあんなことやこんなことをしてもらうと自然と期待とムスコさんが膨らんでいきます。w

絶対ホストにハマってるよね。w

ってことで、番長は風呂に入ってまったーりタイムです。

どうやらシャワーの片づけが終わったようです。

野の花:「じゃあ、私もお風呂に入っていいですか?」

番長:「いいよー!」

ってことで、野の花ちゃんと一緒にお風呂タイムです。

やっぱり、かわいい子と一緒に入るお風呂はいいですよねー!

お風呂の温度以上に熱いものがあります。w

番長:「やっぱり、かわいい子と一緒に入るお風呂っていいよねー。w」

野の花:「ありがとうございます。ちょっと腰上げてもらっていいですか?」

ということで、腰を少し上げる番長。

いよいよ潜望鏡の始まりです。w

野の花:「あ、もう大きくなってる♥」

番長のムスコさんを見てそう呟く野の花ちゃん。w

番長:「かわいい子と一緒に風呂入ったらそれだけでムスコさん大きくなっちゃうでしょ!?」

まだ、女の子に舐めてもらってもないのに大きく膨らんだムスコさん、我ながら変態ぶりが恥ずかしいです。w

そう言っていたら、野の花ちゃんが番長のムスコさんをくわえてペロペロ。

さきほど膨らんでいた番長のムスコさんですが野の花ちゃんにペロペロされて、さらに膨らみます。w

野の花:「すごい。パンパンですよ。w」

番長:「こんなかわいい子にペロペロされたら嫌でもパンパンになっちゃうよー。w」

野の花:「さっきから、かわいいって言ってくれてありがとうございます。」

番長:「本当のことを言っただけだよ。w」

野の花:「ww。そういえば、この後はベッドとマットとどっちがいいですか?」

番長:「もちろんマットで!」

野の花:「やっぱりそうですよねー。最近、ベッドばっかりだったので…。」

番長:「こーゆーところに来たら絶対にマットだよ。ベッドだとちょっとつまらないじゃん!?」

野の花:「そうなんですね。変態さんですね。w」

ええ、番長は自他ともに認める変態さんですよ。w

野の花:「じゃあ、マットの準備をしてくるので、変態さんはここで待っててくださいね。w」

そういうと、番長の口にフレンチキスをして、マットの準備をする野の花ちゃんです。w

こーゆーのいいよね。w

ってことで、マットの準備をしている野の花ちゃんとおしゃべりタイムです。

話の内容をまとめると下記の通りです。

・とあるメジャーバンドにハマっており、全国的にコンサートに行っている。
・初体験は16歳。当時付き合っていた先輩と先輩の自宅で。
・キティちゃんとかマイメロが好き。
・風呂屋に勤務して半年くらい。

といった感じでしょうか。

まぁ、話をもっと端的にまとめますと、

「ホストにハマってる。」ってことですかね。w

まぁ、直接聞いたわけではないので、番長の推測でしかありませんが…。w

騎乗位苦手なんですよ。w

ってことで、そんな会話をしていたらマットの準備ができたようです。

野の花:「足元に気を付けてこちらにお越しください。」

番長:「はい!」

ということで、足元に気を付けて番長を待つ(?)野の花ちゃんの元へ。w

野の花:「まずは、うつ伏せに寝てください。」

ということで、うつ伏せにねる番長。

野の花:「では、ローション垂らしていきますね。」

ってことで、ローションを垂らしてくれる野の花ちゃん。

まずは、手で番長の背中に広げてくれた後は、野の花ちゃんのおっぱいで♥

その後は、足の方から密着プレイを楽しみます。w

野の花ちゃんが、番長の足の指先をペロペロ。w

くすぐったいです。w

そして、足の先から、ふくらはぎ、太ももへと上がってくる野の花ちゃん。

きっとエロイ顔して(←番長の願望)行ったり来たりしてるんだろうけど、番長うつ伏せなので見えません。w

で、その後は上半身。

番長の背中と肩&腕を野の花ちゃんのおっぱいで行ったり来たりしてくれます。

野の花:「では次は仰向けになってくれませんか?」

待ってました番長大好き仰向けタイムです。w

まずは、番長の上半身を行ったりきたり。

そのまま下に行き、番長のムスコさんを通り越していくと…。

ピンと立った番長のムスコさんが現れました。w

野の花:「さっきより元気になってますね。w」

元気ビンビンフル勃起の番長のムスコさんです。w

そんな番長のムスコさんを見て、

野の花:「じゃあ、そろそろ入れましょうか!?」

んー。まだローションプレイを楽しみたいのが半分、早く入れたいのが半分の番長のムスコさんです。w

番長:「お願いします!」

そういうと、番長のムスコさんにゴムを被せてその上に乗る野の花ちゃん。w

騎乗位好きの番長としてはたまらん光景です。w

でも、野の花ちゃん、騎乗位は体力が持たなくてが苦手のようです。

番長:「もしかして騎乗位苦手?」

野の花:「あっ、わかっちゃいました!?騎乗位苦手なんですよ。w

番長:「じゃあ、番長が突くから、寝てもらっていい?」

ってことで、攻守交替です。w

野の花ちゃんに寝てもらって番頭が腰を動かして突きます。w

えーと、恥ずかしながらすぐにイってしまいました。w

だって、野の花ちゃんかわいいんだもん。w

こんなかわいい子とズッコンバッコンしてるって思うと興奮MAXですよ。w

っことで、事務的に後処理をしてくれる野の花ちゃん。w

その後は、マットの片づけをするということで、番長、風呂の中で待機。

その後は、番長のムスコさんをきれいに洗ってもらってシャワーを浴びます。

番長、早くイってしまったため、まだ時間が残ってしまいましたのでおしゃべりタイム。

野の花ちゃんの好きなバンドの話を聞いてきましたが、番長、興味ないので、覚えてません。w

ってことで、電話が鳴ってどうやら時間が来たいみたいです。

野の花:「今日はありがとうございました。」

番長:「こちらこそありがとう。とっても気持ち良かったよ。これで、おやつでも食べて。」

そう言ってチップをプレゼント。

といっても1,000円だけだけど…。w

ということで、すすきのの風呂屋を出て、ジンギスカンを食べに「だるま」へ。

おいしいジンギスカンとビールを楽しんできました!

子羊のような子とズッコンバッコンやった後に食べる子羊(ジンギスカン)。

なかなか乙なもんですね。w

そして、ジンギスカンを食べた後は、おとなしく今回の宿泊するホテル札幌プリンスホテルに戻ってきました。

<次回へつづく>

フォローお願いします!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です